ピッタマ! 魂の音を聴け

回 文 と か 回 文 と か 、 あ と 備 忘 録 。

2017.10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『夏、19歳の肖像』 島田荘司

島田荘司の青春小説。まぁ暇だし、最近の島田荘司本はぶ厚いし、読んでみるか、と思い古本屋で購入。105円也。

書店で買っていたら、自己嫌悪に陥るだろう。ありがとうブックオフ。
島田荘司と言えば、トリックスター。本格ミステリ。ところがこれはどうだい! 導入部のドキドキは、ページが進むにつれ薄れていき、最後は「陳腐」とまで言える展開。これが直木賞にノミネートされたなんて信じられない。

「島田荘司」という冠が無ければ読まれない作品だろうと思う。
スポンサーサイト

« 『チェルシー』 桜井亜美  | HOME |  『砂漠で溺れるわけにはいかない』 ドン・ウィンズロウ »

COMMENT

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
⇒ http://poiko.blog93.fc2.com/tb.php/85-ff5ae76c

 | HOME | 

触れた数

今までに
  人が魂に触れました。


現在
  人が魂に触れています。

PROFILE

Pの魂
(ピーノタマシイ)
出生、性別、没年不明

Pの魂

現在の時刻

こんな時間まで
当ブログにお付き合い頂き
ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。