ピッタマ! 魂の音を聴け

回 文 と か 回 文 と か 、 あ と 備 忘 録 。

2017.06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2017.08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白夜行』 東野圭吾

会社の同僚から借りた『パラレルワールド・ラブストーリー』があまりにも詰まらなかったので、分厚い為に積読してあった本作品を読むことを決意。(これもまた別の友人からの借り物。すみません)。8時間かけて、けれど一気に読みました。


面白かった。
哀しかった。



まず、ストーリーに関して。

私にしては珍しく感情移入して読んだ。多くの人がそうであると思うが、感情移入の対象は亮司。
雪穂に関しては、最後の最後まで得体が知れず、それがまた彼女の背負った業を想像させて、哀しかった。(こんな人近くにいたら嫌だけどね。)



さて、構成に関して。

時間軸は亮司・雪穂11歳~30歳まで、順を追って流れている。
ここで上手いのが、この19年間の時間の流れを、何年何月、と言うふうに記述しないところ。実際に過去に起こった社会現象や事件・事故に関して、登場人物に語らせている。年号を言うよりこの方が読者の肌の感覚に近く、わかり易い。よくここまで構成を考えるな~。細かいな~。と感嘆せずにはいられないです。はい。



あんまり面白かったんで、TBSドラマのページも閲覧した。
随分と設定が変わっとるやないの。勿体無いような、これはこれでいいような。
個人的に原作の“笹垣”が好きなので、武田鉄也はミスキャストに見える。もう亡くなってしまったが、いかりや長介に演じて頂きたかった。
雪穂=綾瀬はるかのキャスティングも、声質が合ってないように感じる。

まぁ、門外漢が何言っても意味ないっすね。
それ程までにこだわりをもっちゃう作品だったってことです、はい。


東野圭吾の時代ごとの作風と作品の完成度は、ちょっとチェックしてみなくては。と思う。
スポンサーサイト

« 『酒とバラの日々』 清水義範  | HOME |  後で感想を書く作品 »

COMMENT

この記事へのコメント

カニの真相ですが、正直自分でも把握してないです。
精神分裂病にかかった生き物の話だと捉えてもらえれば幸いですね

「ぶいぶい」読んで、自分のようだなぁ、と思ったもので。
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
⇒ http://poiko.blog93.fc2.com/tb.php/82-096b7bd7

 | HOME | 

触れた数

今までに
  人が魂に触れました。


現在
  人が魂に触れています。

PROFILE

Pの魂
(ピーノタマシイ)
出生、性別、没年不明

Pの魂

現在の時刻

こんな時間まで
当ブログにお付き合い頂き
ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。