ピッタマ! 魂の音を聴け

回 文 と か 回 文 と か 、 あ と 備 忘 録 。

2017.10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スプートニクの恋人』 村上春樹

文章に比喩とか装飾が多くて、辟易した(が、何とか読めた)。

この小説を薦めてくれた人にその事を伝えると、
「村上春樹作品の中でもこれが一番比喩や装飾文が多い」とのこと。

村上春樹とは、「風の歌を聴け」(←面白かった)、「パン屋再襲撃」(←面白くなかった)、「ノルウェイの森」(←どこがいいのかわからなかった)と脆弱な付き合いしか持たなかったが、本書はなかなかに面白い。

だが、「何が面白いの?」 と尋ねられると、たぶん上手く答えられないんだろうな。

薦めてくれた人に感謝。



さて蛇足。
なんか、「日本の作家」というと

男性作家なら 村上春樹
女性作家なら よしもとばなな

という図式があるよね。
私の場合、どっちも読み出すにはそれなりの気力体力、覚悟が要ります。
スポンサーサイト

« 『トリツカレ男』 いしいしんじ  | HOME |  格闘王 »

COMMENT

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
⇒ http://poiko.blog93.fc2.com/tb.php/75-dd53dc07

 | HOME | 

触れた数

今までに
  人が魂に触れました。


現在
  人が魂に触れています。

PROFILE

Pの魂
(ピーノタマシイ)
出生、性別、没年不明

Pの魂

現在の時刻

こんな時間まで
当ブログにお付き合い頂き
ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。