ピッタマ! 魂の音を聴け

回 文 と か 回 文 と か 、 あ と 備 忘 録 。

2017.10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2017.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『草木染めをしてみませんか―工房で、キッチンで』 淡交社編集局

『からくりからくさ』を読んで草木染に興味が沸いた。
とはいえ、全くの植物音痴。物語に草木の名前が出てきても、影も形も想像できない。
植物図鑑と草木染の本が欲しくなり、本書を購入。
時々専門用語に躓くが、サラリと読めるので初心者の入門書としてはおススメ。

手仕事好きの多趣味な自分としては、ここで『染め』のさわりくらいは経験してもいいかも、と思う。
実母が織物をしているので、生糸を染めて、織材として渡そうと思う。
スポンサーサイト

« 『流浪の民』 石倉小三郎訳  | HOME |  こんなトコにいた »

COMMENT

この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する

 

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
⇒ http://poiko.blog93.fc2.com/tb.php/64-f16b3afc

 | HOME | 

触れた数

今までに
  人が魂に触れました。


現在
  人が魂に触れています。

PROFILE

Pの魂
(ピーノタマシイ)
出生、性別、没年不明

Pの魂

現在の時刻

こんな時間まで
当ブログにお付き合い頂き
ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。