ピッタマ! 魂の音を聴け

回 文 と か 回 文 と か 、 あ と 備 忘 録 。

2007.10 « 123456789101112131415161718192021222324252627282930 » 2007.12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年11月27日 午前11時

ねぇマスター
わたしのひとり言を聞いてよ

今朝飼い犬が死んだの
14歳の老犬
3日前から昏睡状態で
静かに息をひきとった
とくに苦しみもしなかったし
大往生よ

母が泣くの
可哀相に
でもあの子は苦しまずに死んだわ・・・
って鼻をすすりながらね

わたしにはわからない
その涙は何のためなのか

哀れみなのか
悲しみなのか
情の厚さなのか

死が可哀相なことなの

わたしのお腹の中の子が死んだとき
その子の為に誰が涙を流したの

喪失感が涙を流させるなら
そこに姿のなかった子供は
最初から無かったことにできるの


ねぇ
マスター

わたしはまだ
家族を 心のどこかで恨んでいるのよ
スポンサーサイト

 | HOME | 

触れた数

今までに
  人が魂に触れました。


現在
  人が魂に触れています。

PROFILE

Pの魂
(ピーノタマシイ)
出生、性別、没年不明

Pの魂

現在の時刻

こんな時間まで
当ブログにお付き合い頂き
ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。