ピッタマ! 魂の音を聴け

回 文 と か 回 文 と か 、 あ と 備 忘 録 。

2007.06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2007.08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪人間シリーズ①  【 爆音 】

ひぅ~~~ボム! ベム放屁。

(ひうぼむべむほうひ)


回文、それは上から読んでも下から読んでも同じ文。

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

『佐藤さん』 片川優子

青春真っ只中の作者が書いた青春小説。実に面白かった。

第一章『佐藤さん』にいたっては中学三年生時の作品だというから驚きだ。

書店でカバー折込の作者略歴で1987年生まれと見て、書棚に戻そうか否か悩んだが、購入して正解。

まず日本語に危うさが無いところがいい。
漫画家内田春菊の小説を、随分昔に一度読んだが、文章の頭と尻で符号しないという支離滅裂さで、文章が下手なのに小説を書いているのか、と気になって気になって、もう読んだ気がしなかった。


『佐藤さん』は、エンターテイメントであり、青春小説。
人物の掘り下げなどには物足りなさを覚えるが、これはこれでいいような気もする。

作者の本はもう一冊刊行されているということなので、是非読んでみたいと思う。

『語り女たち』 北村薫

2004年に単行本として発行された作品の文庫版。

17人の女たちが不思議な話を「彼」に語る。
「口からの語り」が物語の初源であるという北村の考えから生まれた作品。

女たちの語りに入る前の序文から、気持ちが高まるも、一つ一つの物語の不可思議さや夢の入り口でたゆたうような雰囲気が些か足りないような気がした。

しかし、流石に一冊いっきに読ませてくれる。

中でも「水虎」「梅の木」がいい。

北村薫が推理小説から純文学へ、少しずつ移行していくのを楽しみにしている。

『流浪の民』 石倉小三郎訳

ぶなの森の葉隠れに宴寿ひ賑はしや
松明明く照らしつつ木の葉敷きてうついする
これぞ流浪の人の群れ眼光り髪清ら
ニイル(ナイル)の水に浸されて きららきらら輝けり

燃ゆる火を囲みつつ強く猛き男やすらふ
女立ちて忙がしく 酒を酌みて差しめぐる

歌い騒ぐそが中に 南の邦恋ふるあり
悩み払う祈言を語り告げる嫗あり

愛し乙女舞い出でつ
松明明く照り渡る
管絃の響き賑はしく
連れ立ちて舞ひ遊ぶ

既に歌ひ疲れてや眠りを誘ふ夜の風
慣れし故郷を放たれて夢に楽土求めたり

東空の白みては夜の姿かき失せぬ
ねぐら離れ鳥鳴けばいづこ行くか流浪の民

『草木染めをしてみませんか―工房で、キッチンで』 淡交社編集局

『からくりからくさ』を読んで草木染に興味が沸いた。
とはいえ、全くの植物音痴。物語に草木の名前が出てきても、影も形も想像できない。
植物図鑑と草木染の本が欲しくなり、本書を購入。
時々専門用語に躓くが、サラリと読めるので初心者の入門書としてはおススメ。

手仕事好きの多趣味な自分としては、ここで『染め』のさわりくらいは経験してもいいかも、と思う。
実母が織物をしているので、生糸を染めて、織材として渡そうと思う。

こんなトコにいた

辞書記す 鈴木義司

(じしよきすすずきよしじ)

回文、それは上から読んでも下から読んでも同じ文。

ブログランキング・にほんブログ村へ

『方舟さくら丸』 安部公房

久々に読んだ安部公房。

面白い。安部公房の中でも一際面白かった。
最初は嫌悪感を覚えた主人公も、直に慣れてくる。

ここまで文章の上手い小説を読むと、最近の作家は駄文家が増えたように思う。

もう一度ゆっくりと読みたい作品。

今の政治に一言。

辛気臭い政策禁止


回文、それは上から読んでも下から読んでも同じ文。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ビビリ

小心者である。
しかし常識がない。

同時進行中のブログで、「閲覧数も大したことないから」と昔の知人の実名をフルネームで書いたら、ブログ休載中にその名前での検察+閲覧が、数回あった。

申し訳ないような、くすぐったいような、こういう変な気を、犯罪者というのは持つのかも知れない。

特徴のある名前なので、やはりイニシャルに直すべきなのだろうか。

恋の予感がする

「君の名は?」 「花野ミキ。」


回文、それは上から読んでも下から読んでも同じ文。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 | HOME | 

触れた数

今までに
  人が魂に触れました。


現在
  人が魂に触れています。

PROFILE

Pの魂
(ピーノタマシイ)
出生、性別、没年不明

Pの魂

現在の時刻

こんな時間まで
当ブログにお付き合い頂き
ありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。